間質性膀胱炎の症状について紹介します

膀胱炎は膀胱にある炎症が発生することで、主にアトピー性と非アトピー性の細菌から引き起こしたの病状で、それからも他の特別なタイプの膀胱炎があります。非特異的膀胱炎は大腸菌、副大腸菌、変形杆菌、緑膿菌、糞連鎖球菌と黄色ブドウ球菌などのウイルスと関わります。
間質性膀胱炎の主な症状の頻尿、急尿、血尿などがあります。そして、どの間質性膀胱炎を治療する方法がありますか?
間質性膀胱炎の主な症状は頻尿、急に小便をして、下腹部痛、排尿は痛く小便をして、血尿などがあるそうです。女性の患者は多いです。この病状は、膀胱の壁 を深層繊維化にして、容量を減少させて、膀胱の粘膜が薄くなって、小さい潰瘍あるいは裂け目を見られます。また、膀胱の輸尿管の接続するところ損害を受け ることによって、膀胱輸尿管の逆流を引き起こして、その同時に、輸尿管水腎症と腎臓炎を生じます。
顕微鏡下は膀胱粘膜が薄くなってきて、更には完全に脱ぐこともあります。階中毛細血管がよく充血することにつれて、炎症性反応が存在しているそうです。そ の上、筋階中繊維組織は明らかを増やして、リンパは拡張しています。そしてリンパ球が浸潤してマスト細胞としみ込むこともあります。
膀胱鏡で間質性膀胱炎を検査して、膀胱容量が減少することを発見して、膀胱底部あるいは三角形領域にあり粘膜下に出血しています。また膀胱頂部に絨毛形の 充血することを発見しました。その中央ステーションは黄色を呈しています。組織学上に慢性の非アトピー性の潰瘍性膀胱炎を観察することができます。著しい マスト細胞浸潤という病状があって以外、神経周囲がまだある慢性炎性は浸潤します。間質性膀胱炎は細菌がありませんが、ウイルスで感染できません。患者の 血内に間質性膀胱炎の抗体を発見すると、1種類の自己免疫疾患であると考えます。ある一部の人がこの病状は慢性肉芽の腫れ病と関連すると考えて、あるいは 本病が1種類の神経性の病変と考えます。