酢がじゅうの膀胱炎調理不思議な効用増鮮に生臭い防変質

酢は最も常用する調味料の一つで、しかし、多くの代表が一定に代表することができます.こちらを見て料理に酢の中の不思議な効用、あなたはいくつか知っていますか
シリアス通販購入?新鮮な解にねばねば.料理は脂っこい料理に酢、ギョーザを食べる時には酢をつけて、脂っこい感を減らして、人はそんなにねばねばことができないと感じます.また、酢の酢は新鮮な増加に加えて、これは穀物が発酵する酢の過程の中で、大量のうま味と香りの物質が発生しました.除生臭い行って臭み.お酢の主な成分の一つは酢酸、異臭を軽減する作用の作用を軽減します.したがって、烧鱼時少量の酢を減らすことができ、小魚臭み.羊肉の煮込みに加点酢を取り除くことができて、羊臭み.殺菌防腐.キュウリ、大根糸などの前菜を和えた時、酢、酢で細菌の成長を抑制する作用を抑制するために、和え物料理の安全性を高めることができます.また,膀胱炎、にんにく、キュウリなどの漬物を作る場合、酢を加点、変質を防ぐ.その上、酢は亜硝酸塩の発生を減らすことができて、また大きい程度に野菜の中のビタミンCが破壊されないことを保護することができます.塩味を増加.料理中、多くの酸味の調味料、塩味、塩の摂取を減らすことができます.酸味の味覚細胞は、舌中部に位置する両側に、ちょうど塩味のエリアと隣接している.これは意味、少し酸っぱい、味蕾の敏感に敏感になることを意味する.辛口の辛味を緩和する.酢の中の酢酸は辛みに中和、辛い刺激性を軽減することができます.野菜炒め時に唐辛子を入れて多くなったら酢を入れて酢を入れて.レストランで食事をした時,もし料理が辛い感じも、一皿酢をつけて食べ.中和アルカリ味.蒸し饅頭などのパスタは、アルカリが多いと,少し酢、酸塩基中和作用により、パスタのアルカリ味を軽減します.また、酢には抗菌作用があり、パスタを作って少しずつ、カビが生えにくくなります.料理の色を保つ.紫キャベツ、ナスなどの紫赤色野菜がアントシアニンに富んでいる、塩基性の環境で変色しやすく、色が醜い.この料理を炒めた時には少し酢、酢には酢酸、乳酸など有機酸を含んで、これらの料理は鮮やかな赤亮を保つことを維持することができます.料理食感は澄んで柔らかくさせる.ジャガイモの糸の前に、先に食酢の水で浸す水に浸して、ジャガイモの糸の中でビタミンやミネラルなどの流失を減らして、更にジャガイモの糸の口当りをさせます.ジャガイモの糸の手順で洗って酢ために富んで、ジャガイモ多酚类物质、切ったら酸化しやすく、酢の泡の後を酸化酵素の活性させ、変色しにくい.同種の蓮根などの野菜もある.食材をより速く煮る.酢には有機酸が含まれています.一般肉では肉煮込みの半分に効果が一番.昆布を煮込んだとき、お酢、昆布には褐藻などのコロイドが含まれているため、これらの物質は水に溶けず、酢を使って、その中に水分が入っていると、昆布もすぐに煮込みました.カルシウムを促進する.酢酸は骨を軟化し、骨にカルシウムを促進することができます.だから、煮スープ、カルビスープの時、加点酢が溶けてスープにカルシウムを強化し、体内のカルシウムの吸収.