純手仕事は膀胱炎ワンルームを作成する

を黒豆コーヒー木製の坊、陶酔のコーヒーの香りは真っ先に飛びかかってきて客を迎え、様々なコーヒー機器、さんじゅう多種の産地のコーヒー豆、そしてが壁にかけて絵はコーヒーと関連の絵は、更に引かれるコーヒー好きの目.

は、デザイナーの装飾がなく、濃厚な人文の息吹を示している.1988年に開店し、郑道尧や廖月真夫婦が手を取り合って彼らの理想のコーヒーの天地を埋蔵専門コーヒーと真実の感情.

見たい派手すぎるコーヒーショー、情熱の笑顔、申し訳ありませんが、ここにはない.ここには20年近くの時間焼煉の良いコーヒー、そして真実ではわざとらしいな接客の道がある.手作りのコーヒー天地

Pは、

はコーヒー館で競争が激しい台北市、黒豆コーヒーがコーヒー好きになって生きてきたのは、1つの客が1杯の良いコーヒーを1杯煮るの堅持.

にじゅう年前は、元々飲食器材輸入会社の仕事の郑道尧起業したい、今士林夜市付近の文園道を借りた八坪大の店を立て、黒豆コーヒーの看板(小黒豆)、専門コーヒー器材の売買兼コーヒーを売る.1991年、噂の地下鉄工事でルートを通って小さい黒豆、家をはずしてから、中山北路五段に開いた二軒目の黒豆コーヒー(大黒豆).後に黒豆の坊コーヒーと改名し、お客様がお客様にならず、ボスも自分は黒豆コーヒーと言われても.

は、装飾コストを節約するために、黒豆コーヒー夫婦が自分を決めて決めて.玄関、展示棚,椅子、カウンター,床,膀胱炎、天井……店はすべて自ら設計、手作り、純手で構造複雑なコーヒー焙煎機.

自分でコーヒー焙煎機という、狂人の動きが、黒豆コーヒーは形にされている
催淫剤.

前9年、黒豆コーヒーと一緒のカフェと同様、自分で焙煎コーヒー豆を焙煎、問屋に出来合いを買った.しかし彼らはコーヒーにつれて品質の要求が高くなる一方で、大量に見つかっ焙煎のコーヒー豆を品質が安定しないだけでなく、最も基本的な生産区にあるまじき味も難しいし、やってみた郑道尧何家焙煎商から決めて焙煎.ただ1杯良いコーヒー

がほしいです