端午節に何を食べたいです膀胱炎か

端午の季節には、多くの人が苦心して自分の飲食の見直しの手配で、この時期、人々も適当に変えて自分の飲食の養生方法と、実は、端午、多くの食べ物もみんなに値する選択、さあ、端午の節句に何を食べるかですか?

端午食べて五紅五黄土の習慣.いわゆる五紅料理通常ヒユナ,ナス、ニンジン、トマトと海老.いわゆる五黄土料理通常、キュウリ,タウナギ、バター、アヒル黄和雄黄酒.

p> <いち、ヒユナ

漢方医は、ヒユナ性は涼しくて味に微甘、肺、大腸に生まれ、田んぼや路傍、熱を下げて利湿、凉血止血、止赤痢などの作用.栄養学とヒユナ人体に吸収されやすい、カルシウムの質に富んで、歯と骨格の成長促進作用を果たすことができて、そして心筋活動を維持するのを防ぎ、筋肉の痙攣(つり).鉄、カルシウム、ビタミンK、血液凝固促進,膀胱炎、ヘモグロビン含有量を増加し、酸素能力を高め、造血などの機能を促進します.ヒユはダイエットの食卓の上の主役の常に食べるダイエットすることができます一人で、毒に並ぶことを促進し、便秘を防止する.

p>と<今日のヒユナ、優先赤ヒユナ、葉大で完備、比較的嫩を主として、赤紫はわりに良くて、ぼろぼろになるのは不適に購入しぼむヒユナ.ゆでるヒユナにやけどをしてすぐすくいを防ぐために、栄養の成分は破壊され、影響効果.ヒユ長持ちしないで、早く食べていい.短期的には保存して保存することができます
シリアス通販購入.

2、ナス

p>を含む<ナスソラニン、消化係腫瘍の増殖を抑えることができ、予防と治療胃がんに一定の効果.また、ナスや清退がんブームの作用のため、特に適する夏季食用.ナスはビタミンEが含まれ、出血やアンチエイジングを防止し、よくナスを食べ、血液中のコレステロールレベルが高くアップさせ、人体の老化に積極的な意味を持つことを防止します.

がナス性味の甘寒、性質の食べ物は寒いので、体が弱い、消化不良で、下痢になりやすくて、好みのびくびくして冷たくて、ぜんそく、軟便症状の妊婦友達多く食べるべきでなくて.手術前もナス、麻酔、正常に分解されず、患者蘇生時間、患者回復速度に影響を与えることができる.

さん、バター

キグチは肉厚、澄んで柔らかくて、味がよく、消化吸収しやすい、キグチのマリン、肉、肝っ玉も病気の治療.『本草綱目』に記されているが、バター味の甘、性平、明目、を鎮めて、益の息、内臓を強くする刺激などの効果.近代的な栄養学研究も発見して、キグチの蛋白質の含有量が高く、そして脂分、カルシウム、燐、鉄、ヨウ素や大量ヨーロッパ渼ギャル-さん脂肪酸など、高い薬用価値.

キグチ特別適用体質が虚弱で、末成りの瓢箪、少しの息がだるい、目疲れ、食欲低下する神などの症状がある人が食べる、睡眠障害、容易に眠れない人が一定のを鎮め、」