男性性機能障害の原因と治療方法

男性性機能障害とは勃起障害のことを指します。つまり性交時に長時間な勃起できず、満足なセックスがおこなえない状態「Erectile Dysfunction」のことです。

その症状について、人によってさまざまですが、通常性器の海綿体に血液が集まるによって勃起します。だいたい興奮はあっても、勃起しない、勃起が維持できない、腟内では射精できない、起に時間がかかったり、勃起しても途中で萎えてしまったりしてなどのがED の症状です。

EDの原因は主に
1、    加齢による動脈硬化の原因で血液の循環が悪くなります。陰茎海綿体にも十分な血液が流れ込ません。
2、    精神的なストレスによって性的な興奮がペニスに伝わりません。
3、    心臓病、高血圧、高脂血症などの生活習慣病。
4、    脳出血、脳腫瘍、脳外傷、パーキンソン病、アルツハイマー病などの神経系の障害。
5、    手術や外傷。

EDの治療方法に関して、ED治療薬、心理療法、外科手術、ICI療法などあります。ED治療薬は今一番ポピュラーな方法でバイアグラ、レビトラ、シアリスの3種類があります。必要な血液量を確保することで勃起させます。心理療法は医師に相談して、心の平穏を取り戻し、勃起不全の原因となっている悩みを除去する方法です。外科手術は何らかの原因で血管に異常をきたしているなので手術で治療します。ICI療法は陰茎の海綿体に末梢血管作動薬を直接注射することで、陰茎の血管を強制的に拡張させ、本人の意思とは関係なく機械的に勃起状態を作り出す方法です。