男性保健の膀胱炎数の肝要な時期

熱文推薦:男裸で眠るの三大メリット性とは男たちが最も関心を持って、最も容易な軽視の話題の一つ.彼らは性生活の中で磕磕绊绊と、最後までとだんだんだんだん遠い時、やっと頓悟、性機能は1台がいつでも調子よく保証のエンジンは、それが保健と加護、特にごの肝心な時期.思春期と思春期の後(16―24歳):趙さんは北京某高校の1名の大二男.大学生活における最大の難題は学業ではなく、性.晨勃ほとんど毎日必ず現;見たきれいな女子学生で、自然発生幻想.ある偶然の試みで、趙さんはオナニーで、これまでの快感を獲得し、また別の矛盾に陥る:第二次、体に有害であることを恐れていた.$ { FDPageBreak }熱文推薦:男の人の健康をよくこの3か所で男性が思春期に入る後、生理的変化が起こる、オスのホルモンのレベルまで向上が40、50倍、性欲、勃起、性幻想,夢精など.これは、正常な衝動、靑年人は通常、心理的な圧力に耐え、彼らはどのように解決するべきか分からない.この時期の性保健は、肝心な点については、正しいと思っている.まず、自慰は性欲を解放する1種の正常な手段で、良い度、普通は体にダメージを与えることはできません.次に、この時期の男性が子供で、自制力が弱い、オナニー過度やすい、しかも心理後ろめたいや恐れを容易に深刻な心理的負担による耳鳴り、くらくらし、記憶力の減退、焦慮して、甚だしきに至っては陰莖神経反射感度低下させる.この段階で、親はもっと生活、指導力の移転方法について,膀胱炎、自分たちの趣味を、個人的に、集団活動に参加するように指導する必要があるという.男性にも注意してください個人衛生、定期検査器かどうかを見て、異常病変.$ { FDPageBreak }熱文推薦:あなたがかぶられた妻を寝取られるか.新しい婚期:新婚の夜、緊張しすぎると、王さんはなかなか勃起できない.最後は勃起して、効果的によくない、最終的に.王さんは自責を自責、第二日にして、妻を補償すると決意して.第二の表現が第一日とは思わなかった.臨床的によく出会う新婚の夜から性生活失败による連続一年や長年勃起障害(ED)の男性は、その原因の多くは心因性、例えば、双方の初は性生活を過ぎると、どうしても手も足も出せぬ、過度に緊張して、不安を引き起こすかもしれません、交感神経過度興奮して、リードED.もし男性が背中に重い心理的な負担を背負って,次の生活時もっと緊張して、「もっとダメになるという悪循環に陥る可能性があり.これらの問題を克服するには、男性は男性よりリラックス的に生活をリラックスする必要があります;一方、妻は夫を理解する必要があります.また、新婚夜までに、夫婦双方は共通性生活知識を勉強し、お互いの焦りを克服し、性生活の質の向上を有効にするべきだという.$ { FDPageBreak }熱文推薦:ななしちの食後の良い習慣を食べて太ること満腹妻ミリアム長