健康が損壊保証!毎週健は150分歩き、体の膀胱炎機能を強めて

2008年のアメリカ体活動は、毎週150分以上の強度に酸素体活動を提案するように提案し、健は歩く、健康を得ることができる.

ウォーキング、健康に多くの利点は、心臓、肺、血管、代謝増進及び循環機能、体内に酸素含有量を増加し,疲れやストレス、改善頭脳、安定情緒を強めることができて、しかも体力や筋力、強い筋健骨を促進し、胃腸蠕動、消化吸収と、体重をコントロールする、予防と治療の慢性病など.

ウォーキングは大人の最もよくあるカジュアル身体活動、アメリカあって検討してウォーキング盛ん率や運動量に達するかどうかと提案量の結果、1998年には38 . 6 %を採用してアメリカ成人健身体活動のうち、運動量は毎週少なくともウォーキングにご回、かつ毎回少なくともさんじゅう分人が21 . 3%、この比較的提案量なら標準ダウン毎週ウォーキング時間は150分、しかもウォーキングさん回以上者が34.5%;下げを毎週ウォーキング150分はともかくウォーキング回数が見えるだけは、37.6%;従事してウォーキングを提案者の低運動量40%に増え、須第2種類のレジャーやスポーツ,達成し提案量.

2012年はち月のMMWR Morb Mortal Wkly Rep .雑誌は、アメリカ管制及び疾病予防センター(CDC)採用全国健康調査(ナショナルできInter-view Surveys)の資料が2005年と2010年のアメリカ大人ウォーキング盛ん率変わった様子.CDCの定義健は過去7日間、少なくとも徒歩10分以上歩く者、パラメータを分析すると、健は、体の活動には,膀胱炎、体の活動に到達すると提案量の相関.

の結果、2005年のウォーキングが盛ん55.7%率は、2010年までに著しく増加を62.0%、しかも2010年開運運動量に達する量健提案者、対照群の2 . 95倍.そのために健が盛行率が増加するため、コミュニティは実証的医学の根拠とする公共衛生戦略を促進するため.

P健は歩き方が簡単、設備、節約、効果が良好だが、健が運動に従事する時、下記の原則に注意して、安全かつ効果を発揮できます:

は、食後、朝または夕方にして、適当な運動時間を選択して、適当な運動時間を選択して、適当な運動時間を選択して、例えば.

P(2)空気の新鮮な場所、空気汚染地域や交通の要路付近を避けるために.

P(3)は、道路安全、特に道を通過する時の走行に関する安全を注意して.

気候と保護、特に雨の日は温度が高くて、あるいは冬の温度が低い朝.

(ご)体に気をつけて場合、特に慢性患者は、心臓病や糖尿病の患者注意身体症状(例えば低血圧、低血」