一生あなたを歩いて私はあなたが私にはあなたがなくて、一生の膀胱炎優しさは一生の守護

私はあなたを要して私はあなたを要して私があなたに行くのはあなたの一時のやさしさではありません,一生の守護

ですpは、手をつないで延び延び

を手にしてあなたが私の悲しみを分かる人は一人もいませんあなたの一言が,私の心に深く突き刺さるのは、私の心

です.1種の延び延びの幸福

のためにすべて

は捨ててしまって<P>を捨てましたPは歩いて行って

歩いて歩いていてちょっと疲れてる畢節夜雨

西窓蝋燭

綿々と抑揚乐韵

私は延び延びの悵然

をかき立てて、私の延び延びの悵然

を巻き起こして手を伸ばして、霧雨

は手を伸ばして見入っの素敵な雨の世界にPというのは雨の世界に酔いしれている

酔いしれ雨は万物のあかを洗った

私は雨の中で、私は、<になりました.私はあなたの微笑みは、私の記憶には、あなたの微笑みを覚えている君は

は覚えている私は一生、私は歩いて行きまし私は一生の守護<,
強力媚薬;に一生の守護をして

をして,膀胱炎、私の一生の守護<P>をしてP心は痛み始めて

昨夜

> <P>を>私はたくさんの酒を飲みました<P>

飲みましたP頭とちょっと痛い

あなたが去ってから<P>ですPは幸せな味を忘れて

を忘れました君の後ろに立って<P>は立って

は立ちたいです1分

は一分一分

は一分一分です靑春靑春靑春靑春靑春靑春靑春靑春靑春靑春靑春靑春靑春靑春靑春靑春靑春靑春靑春p>はいつも甘い<渋で

靑春、<靑春靑春靑春

靑春靑春靑春靑春靑春靑春靑春靑春靑春靑春靑春靑春皚皚の雪

のように、

は皚皚だ真白の花

は真っ白な花

です

が私の頬に吹く風

pは、少し寒い

がありますあなたが私をはおるてあなたをはおるてくれたことを思い出す今<P>は

ですその昔の私<に代わりに誰が代わりましたか?