「膀胱炎偲ぶ」

P偲ぶ

~文/王晴亚

p> <か北風初めからの夜に、君は覚えているかどうか、暮鼓晨钟の呼びかけに伴って私の長い間のため息.この季節の氷の木琼花灼眼私韶流憩う、歳月が昨年、人にもそっとそっと.袖の下に烏雪青华、シルクサテン銀、誰から軽くなでる珠簾をささやき鶯音?夕暮れを叹花流れてて、東、氾は舟を載せ、いくらか愁索帰っ.広げてあって,膀胱炎、それから遥相思想い、臙脂涙語、長安街切れ鴻揺れるあなた婉然の微笑み.

はあなたは分からないで、紅葉との归思、迷いの静寂をかき乱した月.しなやかな指1、どうして浮き渡数世のもつれ.水も揺らめい、人も揺らめいて.どこかに落ち尽くし、赤あせて、香に軽く濯枝;菊色満ちる窓,雪スカートマイクロが東風、窓からマスクを覗いて見ない、靑梅酒の相思;香冷蕊寒、瑠璃環守が故郷に离歌ないのは私があなたに嘆く生涯!

君の知らない雪が降る私の哀愁をいっぱい書いて,威哥王,あなたは江南温火の丸い月夜かどうか、寂寥感知私の眼、縦は万事休み時間、涙で尚流し語.私は知っていてあなたは振り返って、年月淡い、あなたは私に黙って、面と向かって見えない私暖かい、待つ窓、リクライニング、漂零の白い手摺、私は惜しい舎.この冬を待つことにして、銘記に銘記ことができますか?私にため息に散らばり、浮世.牵牵手、あなたを抱きしめ入懐、振り返って一句:離れないで見捨てない!